登山薬局

東山宿舎跡~1100m~東山~鳴滝山周遊

2014/08/31
鳴滝山周辺 0


【取付き】



【1100mより上にある地籍図根三角点】



【東山】



【東山・鳴滝山鞍部付近】



【鳴滝山】



【下降ポイントの谷の感じ】



【少し歩き易くなる】





【タマゴタケ】



【チャタマゴタケ】?タマゴタケはこの他黄色・白色もあるようだ



【サンコタケ】粘液が胞子である、胞子はハエが媒介するようである

天気まずまず、1ヶ月ぶりの山歩き、先週歩いた谷を使って東山~鳴滝山を歩いてみる。東山宿舎跡の祠のある尾根に取り付く。植林尾根で倒木や枯れ枝はあるが歩きには支障は無い。P1100まで登ると自然林になり斜度もゆるくなり藪も無く歩き易くなる。赤いタマゴタケのほかいろんなキノコがあったがキノコはこわいので写真のみ。尾根が細くなると植林になり2時間ほどで東山智頭コースの登山道と合流、20分ほどで東山山頂。氷ノ山方向は雲の中、鳴滝山もガスかかりはじめている。東山から鳴滝山は春歩いた時と同じでネマガリダケの切り株で歩き辛い、滑らないよう慎重に下る。P1204でルートをはずしてしまい引き返す。お盆に歩いた鞍部のルートをエスケープルートにしていたが天気も持ちそうなので鳴滝山へ向かう。綺麗な自然林で若桜側から吹き上げる風が気持ちいい、ツキヨタケが沢山ついていた。東山から2時間10分で鳴滝山到着。ランチタイム、東山にガスがかかり始める。鳴滝山の下りもネマガリダケの切り株に気をつけながら歩く。小さなピークを越えたところで谷にくだる。思ったより谷が深いので反対側に渡ったが水がすくなかったのでそのまま川をくだった方が良かったようだ。少し下って先週の最終地点に合流。綺麗な谷川の流れを見ながら作業道終点、作業道を駐車地まで歩く、鳴滝山から1時間30分。面白いコースだった、冬に使えないのが残念

歩行距離:10.2km

歩行時間:6時間
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
鳴滝山周辺