登山薬局

香取~甲川~甲ヶ山~小矢筈~矢筈ヶ山~大休峠~香取

2014/07/21
大山周辺 0


【甲川下降付近にある特徴的な木】



【分岐ポール,正面の甲ヶ谷を登る】



【ここらあたりから、甲ヶ谷の横にある道を登る】



【二俣】



【まだこの木が残っていた、ずっと急登が続くがさらに登る、落石に注意】



【稜線、稜線近くになるとトラロープあり】



【甲ヶ山への岩尾根】



【山頂】



【甲ヶ山下山】



【小矢筈との稜線へのトラバース】



【小矢筈】



【小矢筈下山途中でコオニユリを】



【矢筈】



【中国自然歩道からは、岩伏分れから香取に行くほうが分かりやすいし近い】

前日は相棒単独で甲川上流の滝めぐり、今日は二人で数年前に何度か歩いた甲ヶ山~矢筈ヶ山の周遊ルートを歩いてみる。香取に入り舗装終点地はすでに車がいっぱい、広い路肩に車を駐車、オフロードの道を歩き、崩れいる作業道を歩き甲川と書いてある道標で山道に入る。横切る大谷の自然林が美しい(炭焼き跡付近)。膝丈の笹薮を越えて甲川に下る。少し上流に白鉄塔があり渡渉し勝田ヶ山方向に沢を登る。滑りやすい浮き石で歩き辛く落石にも注意が必要。途中潅木帯に入り水のない滑滝の横を登り沢を横断し設置ロープで激登り。沢は細くなり通行止のロープから潅木帯に入る。ここにも3箇所の設置ロープがあり甲川から1時間50分の急登で勝田ヶ山の稜線にでる。ガスって展望無し。甲ヶ山の岩稜帯に取り付く、お互い写真を取り合い高度感をあじわいながら通過、補助ロープが新しくつけてあった。甲ヶ山山頂の手前でランチタイム、ガスの切れ間から甲川の谷がみえた。山頂直下の岩場も慎重に通過、コオニユリやオトギリソウ、ギボウシ、コゴメクサが咲いていた、ガスの切れ間から矢筈小矢筈も見えた。小矢筈への稜線の入り口も迷わなかった。シモツケケ、シモツケソウ、クガイソウ、エゾアジサイ、ホトトギスを見ながら潅木帯を登って振り向くと甲ヶ山の岩盤が見えたがすぐガスの中。小矢筈の細い山頂で休憩、展望がないのが残念。慎重に下り矢筈ヶ山へ登り返す。矢筈ヶ山山頂も烏ヶ山が見えたがあとは展望なし。ゆっくりコーヒータイムをとる、心地よい風で汗が引いてきた。よく掘れた登山道を下りブナ林の急坂を下って静かな大休峠に着く、ここでも休憩。自然歩道を下っていると相棒が甲川方向に歩き出す、植林のあたりで歩いてきた道と合流、綺麗な大谷を通過し駐車地にもどる。

このコースも体力的に今回で終わりにするつもりだったが、そびえ立つ甲ヶ山がもう一度見たくなった。

歩行距離:10km









スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
大山周辺