花を見に

2021/09/13
大鹿滝周辺 2
P9120666P.jpg
大鹿滝、お地蔵さんに手をあわせ先へ
P9120670P.jpg
右股を遡行する
P9120674P.jpg
雲龍の滝
P9120680P.jpg
雲龍の滝の滝頭
P9120687P.jpg
三条の滝に咲くアケボノソウ
P9120694L.jpg
三条の滝
P9120697P.jpg
三条の滝少し上から、甘い香りがすると思ったら上にカツラの木
P9120699P.jpg
ツチアケビ、花を見たかった
P9120702P.jpg
キワラガ谷へ
P9120707P.jpg
目当ての花が咲いていた、今年も見ることが出来た
P9120710P.jpg
下流が三条の滝
P9120711P.jpg
ヌイコ谷出合いの滝石割の滝
P9120712P.jpg
キワラガ谷出合いの滝
P9120713P.jpg
ダイモンジソウ上手く写せなくてごめん
P9120998P.jpg
この滝から滝が連続する
P9120718P.jpg
支流の流星の滝
P9120726L.jpg
支流と本流の交わる箇所
P9121000P.jpg
ここを登れば岩壺の滝、この上でやまんば~ばが固まってしまった、ロープワークに課題が残っただめだな
P9120731L.jpg
岩壺の滝のそばに咲く目当ての花
P9120736P.jpg
岩壺
P9121004L.jpg
岩壺の滝
P9120737P.jpg
振り返って
P9120744P.jpg
岩壺の滝の滝頭から、ここでランチタイム
P9120759P.jpg
ヤマボウシの実、東因林道でコーヒータイム
P9120761P.jpg
沢川橋
P9120765P.jpg
無事歩かせてもらったことに山へ感謝、広留野はそろそろ大根の収穫だ



紅葉の時期に予定していた大鹿滝周遊ルート、シラヒゲソウが見たくて歩いてみる。大鹿滝駐車場にはトチの実拾いのグループの車が1台。大鹿滝を過ぎ出合いの滝の落ち口近くで入渓、真夏と違い冷える。雲龍の滝、紅葉の時期ゆっくりと眺めたい。巻ルートを色々探して見たが、結局前回登った劇登りルート、沢靴では踏ん張れず途中で相棒にザイルで補助してもらう。沢に下ると思いがけずアケボノソウの群生、可愛い花だしネーミングもいい、シラヒゲソウのネーミングはちょっと可哀想かな。三条の滝に着き右岸の樹林帯を巻く、花が見られなかったツチアケビの実見られ、綿菓子のような甘い香りがすると思ったら大きなカツラの木、前回より登り過ぎてしまい灌木で歩き辛かったが無事キワラガ谷に降り、ヌイコ谷出合いへ。目的のシラヒゲソウが数輪咲いていた。フェルトのサワーサンダルを付け沢登り、岩がよく滑るし、水量も多い、渡渉でも相棒にザイルをだしてもらう。シラヒゲソウが咲いていた。流星の滝まできてやっと人心地、もっと日差しがあればもっと奇麗なのだが。岩壺の滝の近くにもシラヒゲソウ、この滝の巻も苦労する、サワーサンダルは外しても沢靴は滑る、相棒にザイルで引っ張ってもらい何とかクリア。ランチタイム後穏やかな沢を歩いているとまたシラヒゲソウ、今回は沢山見えて満足(次回はないかも)。相棒は腰まで濡れていたが東因林道を歩いているうちに乾いてしまった。橋を渡る度にこの川はどこに下っているのか地形図で確認しながらテクテク、広留野では大根の出荷作業が行われていた。
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

山ボーイ

相変わらずバワフルですね
雲竜・三条の高巻きだけでも大変なのに、東因幡林道まで歩かれるとは・・・真似できませんね。

久しぶりに石割の滝に尻尾が生えてるのを見ました、ねこちゃんみたいで良い感じ(笑)

2021/09/14 (Tue) 12:59
0rfr6a6ntl7t

ちづ山&やまんば-ば

今晩は、山ボーイさん。
ブログを見ていただいてありがとうございます。

遠出が堪えるようになり、我が家にとって若桜は県外に匹敵する感じです。

遡行してる時は今回で終わりと思うのですが、
沢の美しさに惹かれ、紅葉の時期にまたいくかもしれません。
山ボーイさんの三条の滝の紅葉の写真のような景色が見たいものです。

2021/09/14 (Tue) 20:58
大鹿滝周辺