登山薬局

大石~583m~819m~△942.7m(点名1本木)~河合谷林道~大石ルート~県境~大ヅッコ~扇ノ山ピストン

2021/05/09
扇ノ山周辺 0
P5090162p.jpg
建っていた小屋も大きな枝の下敷きになり崩壊していた
P5090163p.jpg
微かに残る道をたどる、植林帯の中は倒木であるきにくいが自然林の中はいい感じだ
P5090165p.jpg
819m付近、ガスがとれないかな
P5090166p.jpg
大石ルート入り口、今回も△942.7はわからず帰りに探すことにした
P5090167p.jpg
登山道にあるイワカガミが目をたのしませてくれる
P5090549p.jpg
県境まで長く感じた
P5090174p.jpg
ガスの中を黙々と歩く
P5090552p.jpg
山頂は人で混み合っていた 小屋は二人締めだったので小屋でランチタイム
P5090191p.jpg
新緑が綺麗だ
P5090196p.jpg
タムシバを1枚
P5090201.jpg
新緑を1枚
P5090211p.jpg
△942.7m(点名一本木) 標石はない埋まっているのかなこの辺りが一番ルーファイに気を使う
P5090212p.jpg
イワカガミ群生地では花が見れず
P5090220p.jpg
大石神社で手を合わせる
P5090221p.jpg
地名大石、由来の大石、石の下からは水が湧き出ている



5年前に歩いたルートで扇ノ山を目指してみる、大石神社の先の林道まで来たがどしゃ降りの雨、30分程でやみ出発。破線をたどって歩き林道をショートカットしてみたが、倒木が多く時間短縮になったかどうか。林道の先にも作業道ができていた。ガスっていて視界が狭い、植林帯なのでもともと展望は殆どない所だが。河合谷林道に出てほっと一息、大石登山ルートを歩きはじめてもガスはとれない、幻想的な景色もいいもんだと二人で言いながら県境尾根合流。登山者とすれ違う、大ヅッコには残雪、タムシバもまだ蕾だけのもある。扇ノ山山頂に着くとベンチは満席、避難小屋で山飯タイム。下りはピストン、雲と青空が入れ替わり始め、ブナの新緑と白い幹が映える、これが見たかった、足取り軽くなった。大石ルートは登山道と言っても不明瞭な所もありナビテープにそって下る、登山道脇のイワカガミにも日があたり綺麗だ。△点一本木は見つけられなかった、ルート取りは相棒にまかせ跡を付いて行く。藪や倒木のないところでコーヒータイム、予想通りマダニが付いていた。作業道に出ると行きでは気がつかなかったイワカガミの群生、花も花からもない、ことしは裏年かな。久々の長距離(18km)よく歩きました。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
扇ノ山周辺