登山薬局

下蒜山~中蒜山~上蒜山ピストン

2020/12/06
蒜山周辺 2
PC060001L.jpg
朝焼けの下蒜山
P_2020120619544447e.jpg
雲海を
PC060008P.jpg
大山を
PC060012L.jpg
中蒜、上蒜
PC060016P.jpg
中蒜
PC060021L.jpg
上蒜へ
PC060024P.jpg
ここからピストン
PC060027P.jpg
中蒜、下蒜
PC060029P.jpg
中蒜、ここでランチタイム
PC060033P.jpg
中蒜からフングリ乢まですごく長く感じた、フングリ乢から下蒜まで長いが今回はえらくなかった
PC060034P.jpg
好きな場所、もう少しで919m、そこから階段を登れば1050m(標高点なし)だ
PC060035P.jpg
1050m付近から大山を烏、大山、矢筈、甲
PC060045P.jpg
下蒜でコーヒータイム、この一杯は美味しかった、山頂は風がなく二人じめ大山を眺めながらず~といたいが帰らねば
PC060047p.jpg
下蒜からの降りは疲れた足にはこたえる
PC060057L.jpg
また来年もあるけますように
昨年で終わりにした蒜山三座のピストンを、タクシー代4000円をポケットに入れてチャレンジ。蒜山のふもとはマイナス5℃、朝もやがたちこめていた。登山道には霜柱が沢山出来ていて、ぬかるんだ所は凍っていた。雲居平にあがると展望が良く雲海見え、下蒜山頂では真っ白な大山、甲ヶ山までみえ思わずワーと声が出てしまった。登る途中に扇ノ山や氷ノ山も確認できた。フングリ乢から中蒜に登るのがしんどくポッケットの4000円を確認してみた。中蒜を過ぎて上蒜に着く頃には4000円は忘れてしまった。中蒜まで戻り避難小屋で山飯タイム、下蒜山頂では時間に余裕があったので少し雪のとけた大山を見ながらコーヒータイム。達成感たっぷりの山歩きだった。岩の多い急な登山道、粘土質で滑りやすい登山道だが来年も歩けるといいな。
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

Windy

 来年以降も歩きましょう
 ついでに毛無山-三平山往復も

2020/12/07 (Mon) 19:25
0rfr6a6ntl7t

やまんば-ば&ちづ山

今晩は。
三度目も無事歩き通すことが出来ました。
三平山~毛無山のピストン、ポケットに1万円入れてチャレンジしてみます。
穴が乢までもどって来れたら御の字です。

Windyさんのブログの表紙、すごく綺麗な樹氷ですね。
こんな景色が堪能できる山歩きがしたいものです。
またホルモン焼きそばを食べにお越しください。

2020/12/08 (Tue) 21:32
蒜山周辺