登山薬局

大鹿滝周遊

2020/08/30
若桜 2
P8300005p.jpg
泳いで突破したり、巻いたりルート取りを色々変えるのも面白い
P8300007P.jpg
巻いた
P8300016P.jpg
今回は左からアプローチ
P8300021P.jpg
やまんばーばへつりながら撮影
P8300041P.jpg
インゼル
P8300054P.jpg
雫の滝、日差しが戻り雫がキラキラ、綺麗だ。写真ではわからない。
P8300069P.jpg
右股出合いの滝
P8300071P.jpg
巻きでもう一枚
P8300073P.jpg
ここを上がれば右股出合いの滝落口までのトラバース道、ここでマムシに遭遇
P8300075P.jpg
右股出合いの滝の落ち口でランチタイム。下に沢登りのグループが見える。
P8300080P.jpg
雲龍の滝、滝の裏側へいってみた。雨がふりだす
P8300089P.jpg
大鹿滝
P8300102P.jpg
廃道を通り駐車地へ
P8300104P.jpg
雨が上がった
今日も酷暑、沢へ。入渓した時は曇りだったが、青空が広がり水の透明感アップ。雫の滝の水滴がキラキラして綺麗だ。ここから先は初めて、あとチョットで出合いの滝と教えてくれたが、次のカーブを抜ければと何度も期待しながら20分程かかって、出合いの滝に出会う。まず左股の滝、三つの筋の流れが綺麗だ。右股の滝も迫力がある。右股の滝の巻き道を登る、ここのトラバースは高度感がありなかなか足が出ない、おまけにマムシ、相棒が追い払ってくれたが。スタスタ登る相棒に怖くないのかと聞くと、やまんばーばの歩きを見てるほうがスリリングだと言う。ランチ後雲龍の滝へは巻き道を使って行ってみた。滝の後ろの岩や木が透けて見える綺麗な滝、相棒が滝の後ろに立ってみた、透けてみえた。相棒はピストンをしたかったようだが、右股の滝をくだるのは絶対無理、大鹿滝まで行き車道をテクテク、雨も大振りになったがもともと濡れているのできにならず。中国自然歩道から破線のジグザグ廃道を下り駐車地に着く。雨は上り来見野川の上には雲海が浮かんでいた。
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

山ボーイ

誰が付けたか出合の滝の垂直・水平トラロープ。
何とかしたいとこですが、あそこはな~ 
付けたら責任もって管理しなきゃいけないし
何かあったら困るしな~  
そうは言っても、しっかり付けたらみんな助かるだろうな~

考えときます(笑)

2020/08/31 (Mon) 18:56
0rfr6a6ntl7t

-

今晩は、山ボーイさん。
てっきり山ボーイさんが設置されたのだと思ってました。
登山道でないところを歩くわけですから
何があっても自己責任だと思っていますが。

しっかり自分の登山力を把握して山に臨みたいと思います。

2020/08/31 (Mon) 22:03
若桜