登山薬局

県境歩き(志戸坂峠~右手峠)

2013/04/28
智頭 0
志戸坂峠~点名(志戸坂)~点名(深山)~点名(高山=大倉山)~点名(右手)~右手峠





この上が点名志戸坂



前方ピーク手前が点名深山



前方ピーク先の方が点名高山(大倉山)



大倉山



下山尾根



点名右手

快晴。予定していた県境を歩く。右手峠に車をデポし、もう1台で旧道志戸坂峠に向かう。トンネルの手前の林道の入り口に車を停めて歩く。途中智頭往来の標識の方向がおかしく違う方向に歩いたが、戻り直して志戸坂峠に到着。鳥取県側の植林の斜面に取り付くが激登り、ピークを過ぎると藪のない歩き易い尾根になる。木々の間から山並みがよくみえる。点名(志戸坂)では三角点の標石は見つけられなかった。その先の稜線にアセビが満開だった。自然林の中を小さいアップダウンを繰り返しながら歩いていると、作業道に合流。県境の上を通っているのでしばらく歩いて作業道から稜線に戻り立ち枯れた笹の中を歩いていると作業道も平行している。点名(深山)の標石を見つけてしばらく歩くと作業道も終点になった。木々の間から展望を楽しみながら立ち枯れの笹を踏み小さいアップダウンを繰り返していると点名(高山)に到着。大倉山」山頂にはすでに二人の登山者、期待したシャクナゲはまだ蕾。しばらく展望を楽しんで反射板の下でランチタイム。那岐山~沖ノ山(?)の展望を1時間ほど楽しんで下山開始。楽に下れると思っていたがモニュメントが置かれてるように岩が立ち(面白い形の物もあった)急斜面を巻かないといけなかったり尾根を間違えかけたりとたいへんだった。三つ葉ツツジの花で少し癒された。無事右手峠に下山、お地蔵さんに手をあわせ、デポしていた車で志戸坂に車回収にいく。

歩行距離:12.2km   歩行時間:約8時間
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
智頭