登山薬局

駒帰~△844.9m(点名四行田)~△822.5m(点名段)~△1196.1m(点名若杉)~△1317.9m(点名中原)沖ノ山~大井谷林道~駒帰

2018/06/24
沖ノ山周辺 0


作業道につられ取り付き尾根を変更したのが大きな間違い、取り付きから体力消耗、前方ピークからは歩きやすい尾根だった。



△844.9m(点名四行田)



△822.5m(点名段)展望はないが自然林の緑と吹き上げてくる風が気持ちいい



930m~1001m位までは展望地、手前が標高点1030m、奥にうっすら見えるのが多分高倉、くらます、そのさらに奥が三室山



若杉手前付近 ここまで予想以上のアップダウン、5年前より笹が激減している



△1196.1m(点名若杉)



沖ノ山までまだまだ



ここまで来たぞ、千崎氏の銅像がなくなっているのと沖ノ山三角点所有者は林野庁となっているってことは所有者が変わったのかな?”沖の山 泉わきでる大井谷・・・・”どこでかで見た句だけど・・・頭に浮かぶ、大井谷って泉がわいているの?興味を持たない方がいい



沖ノ山△1317.9m(点名中原)、下山尾根1164m方向は藪、林道ショートカット位までは尾根を行こうと思うが体力的に障害物のある尾根は無理、登山で大変なのは下山と解っているが・・・、でも帰らなくては。



林道テクテク、駒の尾方向を撮影



この林道トチ、ミズナラ、ブナの巨木が見えるいい雰囲気の林道だった。何ヶ所かで強いケモノ臭がする場所があった、途中クマに遭遇逃げてくれたのでよかった。



アスファルトの道は足にこたえる、キイチゴ食べながらコーヒータイム

大井谷林道を歩き駐車地へ
5年前に歩いた県境尾根を歩いてみる。今回は志戸坂峠までは行かず、△四行田に登る。展望はほとんどないが自然林の緑が綺麗で風が気持ちいい、アセビの新芽も綺麗だった。以前歩いた時より植林帯の間伐が進んでいて岡山側も鳥取側も作業道が出来ていた。P1001手前の展望地では沖ノ山が遠くに見え、アップダウンがこたえていた時だったので登頂出来るか心配なってきた。ランチタイムをとると元気になり藪っぽい△点若杉から林道に出て沖ノ山方向へ。登り口にはピンクテープがあり、刈ってあり5分で山頂到着。山頂から下る時は駒の尾から智頭方向までいい展望だった。林道を下りながらショートカット出来る尾根を探したが下れそうな箇所がなく、最後まで林道歩き、足の裏が痛くなった。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
沖ノ山周辺