登山薬局

弁天山周遊

2013/09/23
若桜 0


稜線への最後の登り



弁天山栃の木、栃の実がない 

前日の疲れはあるがると山へ行きたくなる。土曜日山ボーイさんが歩いたルートをたどってみる。まずは弁財天で安全祈願をして出発。立派な杉の立ち並ぶ尾根を登り、整備された綴ら折れの登山道を登りきると稜線に着く。数年前にも歩いた稜線で自然林でいい風がふいていた。三倉冨士までいきたが最後の登りで相棒の足に違和感があり無理せず引き返し、弁天山へ向かう。

弁天山山頂の巨木群はすばらしい、紅葉の頃是非来たい。三倉冨士からP973までの稜線の良いとこどりのルートだと思う、整備してくださった方に感謝。下りはP798の尾根に下らないよう注意しすぎて尾根をはずしかけたが修正、植林の急坂を下り弁財天にお参りして駐車地に付く。

帰りに弁天まんじゅうを買って、クローズだったのを開けていただいて夢豆庵で鹿カレーを食べて帰路に着く。若桜でいい休日を過ごさせてもらった。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
若桜