登山薬局

コザイ峠~718m~△856.9m(点名引谷)~935m~1139m~駒の尾山~鍋ヶ谷山~駒の尾山~1160m~△974.9m(点名長尾)~ダルガ峰林道~669m~大規模林道~コザイ峠

2018/02/11
駒ノ尾山・後山周辺 0


△856.9m(点名引谷)風が強く引き返そうになる。



山頂付近素晴らしい展望と樹氷



氷ノ山方向撮影



山頂より後山方向撮影



鍋ヶ谷山より駒の尾山を撮影



△974.9m(点名長尾)



大規模林道へ
連休なのに天気予報は雪、出発時間を遅らせ駒の尾山へ。大規模林道はアイスバーン、コザイ峠の尾根に取りつく。ほとんど積雪はなく地面も凍てついている。雪混じりの横風で身体が冷え△点引谷あたりで引き返しかけたが、ウエアをもう一枚はおり登っていくと青空、風も弱くなってきた。自然林の展望地でスノーシューを付ける、後山が見え引き返さなくて良かった。駒ノ旺山荘方向からの古いトレースと合流、樹林帯を抜けると陽射しが眩しい。駒の尾山頂では素晴らしい展望と樹氷が出迎えてくれた。避難小屋の前にはスキーヤーと登山者が数人帰り支度中、ランチタイム、暖かいものをお腹に入れるとホットする。下りはダルガ峰林道の登山道の予定、山頂に登り返して東山、沖ノ山、くらます、三室、氷ノ山北側の展望に見とれていると、もう少し稜線を歩きをしたくなり鍋ヶ谷山まで足を延ばす。船木山も行きたかったが体力的にも時間的にも無理、引き返し駒の尾山頂からトレースのないダルガ峰林道登山道を下る、登山道は雪でおおわれ道標があるから登山道とわかる。休憩者舎を過ぎて尾根を変え△点長尾を目指す。植林帯の尾根の雪は硬く踏むとお煎餅を食べているような音がする。ダルガ峰林道に下る法面を慎重に降りスノーシューを外し尾根を変え、作業道を何度も横切り影石トンネル南側の大規模林道に下る。大規模林道を20分ほどテクテク歩き駐車地到着。大規模林道のアイスバーンは解けていなかった。

以前から歩いてみたいと思っていたルート、青空と展望と樹氷もプラスされ満足。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
駒ノ尾山・後山周辺