登山薬局

諸鹿谷、ヲシカ谷

2015/06/07
陣鉢山周辺 0


【板状節理の滝、前回は川上から見て左岸を高巻いてこの滝の上部に出た、今回は右岸から登るこの滝の上部に行くには、右岸を行くのがいいのかも、この滝をみるのが目的だったのでここまでとする、いずれにしても危険な箇所】



【この一帯は綺麗な場所,この場にずっといたい感じ】



【この直ぐ下の枝谷をつめて見る、写真よりもっと急!!】



【ここをもっと詰めて稜線に出ると、たぶんブナ林のきれいなあたりに出るのでは、陣鉢山からはかなり遠くなる】



【川上から見た沢の様子、この谷の岩は滑りやすい、沢靴を持ってきたがあえて使用せず登山靴で下降することにする、沢の下降は大変!!】



【板状節理が谷の至る所に見られる→溶岩流→陣鉢山の周辺の奇岩といい→火山??・・・・、あくまで推測,

ちなみにコシキ岩は、安山岩の溶岩でできている。板状節理が発達し節理によって割れ落ちた岩塊が岩の下に重なっている。】




【この谷には階段状の滝が多い、その中でもここは一番きれいだと思う】



【ゴルジュにやっと着く、ここからは仙道があるので比較的楽】



【カツラの木ここまで来ると道は明瞭となり歩き易くなる】



【帰りに諸鹿谷の横の谷、ヲシカ谷を遡行し滝を見に行く】



梅雨に入り休日の晴れ間、どういうわけか再び諸鹿谷へ。ヒメレンゲはまだ咲いていて、ミニゴルジュにはイワタバコ

の葉が沢山ついていた。カツラの木、トチの木、階段状の滝を眺めながら渡渉をくりかえす。前回左岸を巻いて登った滝を右岸を巻いて相棒一人で登ってみる、上の滝は水量は少ないが綺麗な滝だったようだ。足手まといが一緒なのでここまで。下って左岸の沢を登ってみたが激登り、左側の尾根に取付くのがいいかも、私の登山力では無理。無事に斜面を下りピストン。途中で1時間程ランチタイム、日の射し方が午前中とはちがうので苔の緑が映える。ミニゴルジュを眺めながら30分ほど休憩。谷の下りは石がよく滑るので結構疲れる。谷の入り口辺りで地元の人と30分程立ち話、となりのヲシカ谷の滝が綺麗だときき、相棒は早速見にいきた。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
陣鉢山周辺