登山薬局

八河~P1074m~1117mあたりから谷へ下降~1197m稜線復帰~P1246m~P1228m~鳴滝山~町境を東山方向へ歩き1264mから出ている枝尾根を使い1204mあたりから谷へ下降~1211m稜線復帰~P1228m~P1074m~八河

2015/05/05
鳴滝山周辺 0


【新緑の尾根ずっとこんな感じが続く】



【新緑と綺麗な沢にひかれ谷に下降】



【寄り道した沢】



【沢から稜線へ】



【鳴滝山背景に大亀の木とタムシバを撮影】



【1228mと鳴滝山】



【鳴滝山】



【町境を東山方向へを歩き、1264mから出ている枝尾根を使い沢へ再度下降、杉があるほうがP1176登ってみたかった】



【滝が出そうと思っているとこの先に5m位の小滝あり】



【沢を下降中、これからP1228mと鳴滝山の鞍部をめざす】





雪山の鳴滝山~東山を4回チャレンジしたが踏破できなかったのでリベンジ。八河谷のいつものルートで歩く。

P1117を下ったあたりで沢音にひかれ沢に下りてみる。尾根とは違った新緑の美しさがある、ブナの新緑が青空に映える。三滝ダムの尾根を登ったときの沢とつながっているようだ、また歩いてみたい。P1246手前で予定のルートにもどりタムシバ、オオカメノキ、新緑、展望を楽しみ、足元のネマガリダケの切り株に気をつけ鳴滝山山頂到着、プレートが落ちていたので掛けなおす。寄り道がたたり5時間もかかってしまった。東山を目指すもいつものルートではつまらなくなりP1176方向の尾根を下り沢を下ってみる。残雪があり芽吹きはじめたトチの巨木のあるきれいなところだった。広い沢で大丈夫だと思っていたがやはり4~5mの滝があった。水量は少ないが下れない、相棒にロープをだしてもらい無事通過。二つ谷の本流に合流してやっとランチタイム。渓流釣りの人と出会いお互いこんな所で人に会うなんてと大笑い、東山宿舎跡までは車は入れないとのこと。鳴滝山鞍部に登りピストン。

歩行距離:16km
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
鳴滝山周辺