登山薬局

大石~583m~819m~△942.7m(点名1本木)~県境~大ヅッコ~扇ノ山~1152m~1046m~894m~578m~大石神社~大石

2015/03/08
扇ノ山 0


【大石の尾根】



【942.7m△点名1本木、標高点・三角点のある場所は興味をひかれる、今回も何箇所かあるがいずれも特徴がある】



【河合谷林道】



【ブナ林、方向がわからなくなりそう】



【県境】



【県境分岐からあと少しで山頂だ】



【山頂、今日は昼食が取れる】



【大ヅッコ】



【体力の消耗をさけるため間違えないように地形図とにらめっこしながら下山尾根へ】



【下山尾根を振り返る、ずっとこの場にいたい感じ】





天気良さそう、去年雷鳴で中止した大石~扇ノ山を目指してみる。大石集落内には駐車地がないので県道に駐車。

集落を過ぎてスノーシューをはき植林尾根に取り付く。途中作業道が横切っていた。P583で白くなっている県境尾根が見え霧氷が落ちないうちにと足取りが速くなる。ほとんど植林だがP819あたりで視界が開け鳴滝山東山が綺麗にみえた。河合谷林道から上は自然林と植林の境界を歩き尾根が広くなるとガラスのような霧氷の付いた自然林になった。日が当たるとキラキラ光って綺麗だった。静かで霧氷の落ちる音がよく聞こえる。県境尾根と合流すると仏ノ尾と蘇武岳が見え樹氷並木を自分達だけのトレースをつけて歩ける、日曜ハイカーには最高のプレゼント。大ヅッコに登るといちだんと大きな霧氷、山頂まで一頑張り。5時間10分で扇ノ山山頂到着姫路方向のトレースがあった。今回は展望を楽しみながらゆっくりランチタイム。

下山は去年歩いた上地の尾根を下る。大ヅッコに登り落ちた霧氷でトレースは消えていたが、方向を確かめながら尾根にのる。カラマツの林に沿って歩き河合谷林道を横切り細い尾根を慎重に通過、上地と大石の分岐あたりでコーヒータイム。緩んだ雪は足に堪えたが、最後の大石神社の激下りでスノーシューをはずし無事下山、神社に参って4時間で駐車地に戻る。

歩行距離:17.7km
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
扇ノ山